本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. サービス情報>
  3. リース>
  4. リースの仕組み

リースの仕組み

1. 物件の機種選定:お客様の希望される商品を選定していただきます。
2. リース契約:お客様と日通商事との間で締結致します。
3. 売買契約:販売会社様と日通商事との間で締結致します。
4. 物件納入:販売会社様よりお客様へ直接行われます。
5. 物件代金の支払:日通商事より販売会社様へ行います。
6. リース料の支払:毎月お客様より日通商事へお支払いいただきます。

リース物件に対する損害保険について

物件には、万一の保険事故(盗難・火災・転倒など)に備えて、動産総合保険を付保しています。
リース物件が盗難にあったり、火災・転倒などで修理不能になった場合は、残リース料を一括してお支払いいただいて解約となりますが、動産総合保険金が日通商事に対して支払われるので、お客様の負担は大幅に軽減されます。

固定資産税の申告・納税処理について

償却資産を購入すると、毎年償却資産税(固定資産税)が課税されます。
固定資産税は、それぞれの物件所在地の自治体ごとに申告・納付しますが、リース物件の場合、すべての手続は日通商事が行いますので、お客様の事務手数を軽減できます。

保守契約

購入された場合と同様に、直接保守会社が行います。
保守契約は、販売会社様を通じて保守会社とお客様が直接締結していただきます。
最近は、リース料に保守料を合わせてお預かりする、保守料代行回収や、保守つきのリース契約(メンテナンスリース)をご利用のお客様も増えています。

リース期間中の解約

リース期間中の解約は原則として認められません。
万一、契約期間中に解約する事態が生じた場合は、契約上の規定損害金をお支払いいただくことになります。

リース期間満了後

通常、リース契約が満了すると、再リースのお申込をいただいて、引き続きお使いになるか、お使いにならない場合は、物件をお返しいただくかを選択いただきます。パソコンなどの情報機器を返還いただく際には、データ等の消去をお願いいたします。

資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
リース部 03-6734-8803 受付時間 : 月~金 9:00~17:30
(土、日、祝祭日を除く)
  • 資料請求・お問い合わせフォーム
  • 最寄りの拠点を探す
  • パンフレットダウンロード