本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. サービス情報>
  3. リース>
  4. 事例>
  5. [エコ・リース]「エコ・リース促進事業」によりリース料負担を軽減
[エコ・リース]B社様事例

「エコ・リース促進事業」によりリース料負担を軽減

「家庭・事業者向けエコ・リース促進事業」を活用した営業提案。

B社様の工作機械導入にあたり、リース料負担軽減の為、環境省が推進している、「家庭・事業者向けエコ・リース促進事業」を提案。最新の省エネ機器を有利な資金調達手段でタイミングよく導入する事ができた。

業種・業態 製造業 品目 工作機械
改善すべき課題 提供したサービス
  • B社様では、お得意様からの加工精度向上とコスト削減要望に応えるべく最新の省エネ機器の導入を検討していた。
  • 少しでもコスト削減になるよう、各種助成制度や、優遇税制についての情報を集めていた。
  • 当社の提案した「エコ・リース促進事業」においても、導入検討していた機器は補助対象機器に認定される前であり、まずは認定を受ける必要があった。
  • エコ・リース

    機械販売会社様の協力を得ながら、迅速に「エコ・リース促進事業」の補助対象機器認定を取得。

    「エコ・リース促進事業」を活用し、B社様の当初の導入希望日までに有利な資金調達手段をご提案できました。

エコ・リース促進事業を活用

エコ・リース

解決策

リース促進事業を活用した、工作機械の導入により環境に貢献。

B社様より物件見積依頼があった際、パンフレット等により機械の性能を確認するとともに、機械販売会社様に問い合わせをした結果、エコ・リース促進事業の機器性能に合致することを確認しました。B社様と機械販売会社様に「エコ・リース促進事業」活用の優位性を説明したところ、他のリース会社から同様の提案がなかったこともあり、B社様も強く関心をしめされました。その後、機械販売会社様と連携をとりながら、補助対象機器認定を取得し、有利な資金で調達することができました。

成果

  • B社様のリース料負担の軽減と、B社様の「欲しい」タイミングで機器の導入をすることができました。
  • お客様に有利な情報を収集する当社のネットワークと組織力を活かし、お客様のニーズに応えることができました。

エコ・リース促進事業とは

「家庭・事業者向けエコ・リース促進事業」の略称であり、リース料の低減を通じ低炭素機器の普及を促進することによって地球環境の保全に資するため、低炭素機器をリースにより提供する事業者に対して補助金を交付する事業であり、環境省が展開している。環境省から認定を受けた機器をリース契約した場合、リース料の3%(被災地域については10%)が補助される。主に中小企業を対象としている。

資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
リース部 03-6734-8803 受付時間 : 月~金 9:00~17:30
(土、日、祝祭日を除く)
  • 資料請求・お問い合わせフォーム
  • 最寄りの拠点を探す
  • パンフレットダウンロード