メッセージ

求む、
強烈な好奇心。

人事部長 塩田 信

今しかできないことを、
思いきり楽しんでください。

学生時代、私は遊びにアルバイトに明け暮れていました。現在の仕事とは関わりのないものがほとんどでしたが、当時に得た経験は、社会人生活でも活かせる場面が多々あったと感じています。みなさんは今、大きな決断を下す時期に来ていると思いますが、就職活動だけでなく、どうか学生時代にしかできないことをたくさん経験してほしいと思います。アルバイトでも、海外旅行でも、ボランティアでも、なんでも構いません。ネットや本で知るのと、実際に体験するのとでは大きく異なります。飛び込むことで、初めて得られる知見があり、広がる世界があります。たとえ仕事と直接関係がないとしても、そのときの体験がいつか仕事でものを言います。私たちのお客さまも、期待しています。「自分たちだけでは解決が難しいからこそ、新しい知見や価値観で課題を解決してほしい」と。

売るではなく、耳を傾ける人。

好奇心が強いこと。安易な言い方かもしれませんが、仕事をする上では非常に大切です。商社は、単にモノを右から左に流す仕事ではありません。物流面のお困りごとに対して多面的に耳を傾け、ソリューションを提供する。それが、物流をサポートする我々の本質だと考えます。日通商事は大きく7つの事業部門があり、物流における全プロセスにおいてサービスを提供することができます。たとえ自分が所属する部署で対応できないことでも、他部門と協力して解決策を模索していく。コンサルティング要素が強い部署もあれば、現場色の強い部署もあります。専門性を高めながらもひとつにこだわることなく多様な経験を積みたい方には、素晴らしい環境となるはずです。

世界中の物流シーンで、
影響力を強化していきます。

日通商事としても現状に満足することなく、新しい領域に挑戦している真っ最中です。日本通運グループが掲げている「世界日通」のもと、グローバルビジネスに注力し拠点や売上の海外比率を高めていきます。同時に国内でも成長性のあるビジネスに投資していきます。試験段階ではありますが、冷蔵・冷凍機能を強化した輸出向けコンテナを大学と共同開発中。物流業界としても、AI化、IoTによる無人運転機能など次世代技術を活用した変革が起ころうとしています。技術発展の流れとともに、みなさんも新事業や新サービスにチャレンジできる機会が広がっていくでしょう。

社会から、社員から、
支持される日通商事へ。

企業成長には、社員成長が不可欠です。誰もがのびのびと働けるように、人事部としても惜しみなくサポートしていきます。“働き方改革プロジェクト”では、全従業員を対象に残業時間の削減や生産性の向上となる施策を実際に実践してもらい、成果が出た事例を全国から収集しました。今後は、各地から集まった好事例を全国に展開、さらには業務効率改善のためのシステム導入などを含めて、企業の重要事項のひとつとして働き方改革に投資していきます。また、キャリアを一つの枠に押し込めることなく、自分らしいキャリアを歩めるような体制も構築中です。女性の管理職も増えましたし、育児休暇を取得する男性社員も現れました。目指しているのは、人材の多様性を強化することで、一人ひとりが個性を発揮できる企業です。そのためにも多くの方に、当社に興味を持っていただきたいですし、選考においても、面接を通じた人柄理解を大切にしたいと思っています。私も面接に参加するのであなたのこと、じっくりと聞かせてください。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。