本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. 企業情報>
  3. 日通商事について>
  4. 日通商事の沿革

日通商事の沿革

1958年10月

東京都千代田区大手町一丁目4番地において、日本通運株式会社と朝日生命保険相互会社の提携により資本金5百万円をもって株式会社日通保険総代理社を設立する。

1962年10月

東京都千代田区神田旅籠町一丁目11番地に本社を移転する。

1964年12月

住居表示の実施により、東京都千代田区外神田三丁目12番9号となる。

2003年7月

東京都中央区築地五丁目6番10号に本社を移転する。

2012年9月

東京都港区海岸一丁目14番22号に本社を移転する。

1964年5月

日通産業株式会社を吸収合併し資本金1億4千万円となる。商号を日通商事株式会社に変更する。

1964年10月

愛知日産自動車株式会社、岐阜日産自動車株式会社、広島日産自動車株式会社、東京日産自動車株式会社および日通火災保険代理株式会社を吸収合併し資本金5億6千万円となる。

1965年2月

太洋自動車株式会社を吸収合併し資本金7億9千万円となる。

1965年4月

日通石油ガス株式会社および日通包装工業株式会社を吸収合併し資本金33億9千5百万円となる。

1967年5月

日宝商事株式会社を吸収合併する。

1967年11月

新たに設立された愛知日産自動車株式会社、岐阜日産自動車株式会社、広島日産自動車株式会社および日産プリンス福島販売株式会社に対し日産自動車販売4本店の営業一切を譲渡する。

1980年4月

増資により資本金40億となる。

1983年3月

太洋日産自動車販売株式会社に対し太洋日産支店の営業を譲渡する。

資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
会社代表 03-6734-8800 受付時間 : 月~金 9:00~17:30
(土、日、祝祭日を除く)
  • 資料請求・お問い合わせフォーム
  • 最寄りの拠点を探す
  • 会社案内ダウンロード